ONLINEとうろう流し
×
広島 愛の川2020

企画の趣旨

戦後75年目の2020年広島。
本来なら、今年も「75年前の広島」に祈りを捧げ、
次の100年に向けて想いを新たにする年でした。
しかし、新型コロナウイルスの影響により私たちの75年目は、今までにない様相を呈しています。

コロナ禍でもできること、広島らしく、今らしく、制約がある中で可能なことを模索し、この度「ONLINEとうろう流し」を企画しました。

  1. PCやスマートフォンで参加できる、オンラインによる「とうろう流し」
  2. 「はだしのゲン」作者、中沢啓治さんの詩に込められた想いやメッセージを歌いつなげていくオンラインによる「広島 愛の川2020」

この2つのプロジェクトを軸に、過去の大切なメッセージを未来へ、広島の大切な想いを途切れさせず、世界に発信していきます。

あれから75年。過去と未来と広島と世界を紡ごう。

ひろしまのとうろう流しについて

オンラインとうろう流し
参加方法

普段お使いの端末(PC、タブレット、スマートフォン)から参加できます。
メッセージ投稿サイト(第三世代が考えるヒロシマ「 」継ぐ展協力)から
思いを込めた灯ろうを仮想空間の川に流します。
届けられた想いは、8月6日「はなのわひろしま」メイン会場(旧広島市民球場跡地)に投影します。
投影会場の様子は、本サイトのLIVE配信でご覧いただくことが可能です。

とうろう流しに参加する

日本と世界16カ国が参加。アーティストと歌で平和を発信する。広島 愛の川2020

8月6日は、本サイトのLIVE配信の中で放送します。

①19:45頃~ ②20:00頃~ ③20:15頃~ ④20:30頃~ ⑤20:45頃~ ⑥21:00頃~ ⑦21:15頃~ ⑧21:30頃~ ➈21:45頃~

漫画「はだしのゲン」の作者、中沢啓治さんが遺した詩「広島 愛の川」。
未来に託された願いを、毎年8月6日、たくさんの人で歌い、思いを繋いでいます。
本年度は現地での合唱は行わず、日本・海外から集まった歌唱動画を募集した映像を
LIVE配信の中で、また投影会場にて投影します。

広島 愛の川2020参加アーティストからのメッセージ

広島 愛の川2020参加アーティスト

加藤 登紀子からのメッセージ

広島から世界に届くメッセージが、いつかこの世界から国境をなくし、人々の心を一つに繋いでくれることを願っています。

広島 愛の川2020参加アーティスト

クリス・ハートからのメッセージ

We are one world, one human race, brought together for love and peace.

広島 愛の川2020参加アーティスト

ふくい 舞からのメッセージ

私のおばあちゃんは広島出身で広島から生を受け継ぎました。

子ども達の代まで、これから、世界がもっともっと、優しさ、笑顔で溢れるように、一緒に過ごしていきましょう。

広島 愛の川2020参加アーティスト

TEEからのメッセージ

この歌には、愛のパワーが、すごく詰まっていると思います。

人と人は繋がるべき、繋がっていますから。思い合って、支え合って、次の子ども達に残せるような、そんな大人になっていきたいし、この歌を通じて、色んなことを考えたり、思えるような時間になってもらえたら嬉しいなと思います。

One Love and Peace.

広島 愛の川2020参加アーティスト

島谷 ひとみからのメッセージ

未来の子どもたちへ
広島から世界中のみんなに、幸せと、平和と、笑顔が、広がっていくといいなと願っています。

みんなで、手と手をとりあって、頑張りましょう。

広島 愛の川2020参加アーティスト

二階堂 和美からのメッセージ

広島に産まれて、今も広島に住んでいます。自分も大人になりました。子どもだった時もあります。これから、どんどん歳もとっていく。今、子どもが二人いますが、彼女達もすぐに大人になっていく。時間の流れっていうのは待ってくれないし、でも、それこそが、私たちのこの生きる道であります。

本当に変わらないものと、変わっていくもの、どっちも大事だと思います。でも、どんなに時代が変わっても、守っていかなくてはいけないこと。それは、本当に、人と人、ちゃんと思いやっていくこということ。決して相手を傷つけることではなくて、相手を思いやっていく。そのことを絶対忘れてはいけないと思います。

色んな考え方がある。本当に世界中は広いし、一つの国の中だけでも、本当に色んなことが違っていくけれど、それでも、自分だけじゃない、色んな人と繋がって生きている。これはもう逃れられないことだから、それが、私達の喜びにもなっているので、そんなことを、しがらみと喜びと、両方抱えて生きていきたいと思います。

また、命を終えた後にも、それを絶対に残していかなくっちゃって思います。どうか今子どもの皆さん、大人の皆さん、手を合わせていきましょう。

広島 愛の川2020参加アーティスト

堂珍 嘉邦からのメッセージ

被爆から75年が経ちました。

風化させないように、みんなで思いを繋げていけたら。そう願っています。

広島 愛の川2020参加アーティスト

朝山 正悟(プロバスケット選手:広島ドラゴンフライズ)からのメッセージ

今年は、75年は草木が生えないと言われた原爆投下から75年の月日が経ちます。私たち広島ドラゴンフライズは、「平和があるからこそのスポーツ、スポーツがあるからこその平和」をモットーに、最もフェアプレーをした人を表彰するおりづる賞や試合前に対戦選手とおりづるを交換し平和のメッセージを発信するピースプロジェクト活動を行なっています。

75年という長い月日が経過する中で、原爆の日を少しでも若い世代に語り継いでいくことができるよう、プロバスケット選手としてプレーすることで、平和へのメッセージを発信していきます。今世界がコロナで戦っていく中、コロナにも打ち勝ち、これからも世界が平和であり続けることを祈っております。

LIVE配信について

8月6日(木)19:30 - 22:00 まで、このウェブサイトや街頭ビジョンなどで
「とうろう流し流灯式」「広島 愛の川2020特別映像」「投影会場の様子」を見ることが出来るLIVE配信を行います。

投影会場

2020年8月6日(木) 19:00〜22:00

AT はなのわひろしま  Google Map

当日、花や緑の大切さと平和の尊さを世界中の人々と分かち合う
はなのわひろしま」メイン会場(旧広島市民球場跡地)内にて、
オンラインとうろう流しが投影されます。
基本は無観客で行いますが、
見学の際は「投影会場に来られる方へ」を必ずご確認ください。
(開場時間)19:00〜22:00
※入場制限を行う場合がございます。

投影会場に来られる方へ

  1. ウイルス感染の可能性のある方、体調のすぐれない方は見学をお控えください。
  2. 見学時のマスク着用及び咳エチケットの励行にご協力をお願いいたします。
  3. 検温・手指の消毒にご協力をお願いいたします。
  4. ソーシャルディスタンスを遵守いただき、混雑状況によっては入場制限を行う場合がございます。
  5. 投影会場の様子等を確認いただき、混雑状況をご確認ください。

以上、予めご了承ください。

とうろう流しに参加する